ecoslow

beauty space ecoslow

メニュー

『女性ホルモン』と『髪のダメージ』

『女性ホルモン』と『髪のダメージ』

『女性ホルモンの減少』など、年齢を重ねるにつれ耳にすることが多くなります。

ホルモンは体内で分泌される物質です。身体の組織や器官をコントロールしているもので、女性の柔らかな体つきなどに大きく影響しているのです。

卵巣から分泌されるホルモンは2種類あり、よく耳にするエストロゲンともう一つはプロゲステロンです。

卵胞から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンは女性らしい身体をつくり、髪や肌のうるおいをまもり、健康を支える役割があります。自律神経にも大きく影響します

女性ホルモンが減少すると・・・必然的に身体にも変化が現れます。そして肌や髪にもダメージが現れます。

産後に髪が脱毛する原因・・・

妊娠中は赤ちゃんがすくすく育つための守られた環境が大切な為、女性ホルモンを多く分泌し、身体は丸みを帯び、母性的な体つきになります。

産後、妊娠中に分泌されていたホルモンが正常な状態に戻る為、今まで抜けなかった髪がホルモン減少と共に脱毛していきます。

身体を守るために必要なホルモンの影響は、産後の脱毛だけでなく、加齢とともに女性の身体に変化をもたらします。加齢とともに起こる『薄毛、細毛、白髪』もまた、ホルモンが関係しています。

女性の大切な身体を作り出す仕組みを知ることで、『肌や髪』を若々しく保つことが出来るのです。

髪の老化は身体からの信号ですよ!

髪のお悩みはいつでも専門スタッフがお待ちいたしております。

プチポイント♡大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるのだとか…

お豆腐や納豆などを食べるのもよいのでは(^^♪

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)